古民家風に憧れたら

日本は最近レトロブーム、懐古主義ブームが密かにやって来ているのです。

古きよき日本に憧れたり、アンティーク家具が飛ぶように売れたりと、古いものを見直し大事に使おうとする若い世代も多くなってきているのです。

こうした動きはエコや節約にも繋がっていくことであり、非常に良い傾向であると言えるでしょう。

特に京都では町屋といって昔のうなぎの寝床をレストランや雑貨、カフェ店として再利用する動きが顕著です。

埼玉に住む人でも古民家風の住まいに憧れる人も多く、自宅をなんとかレトロに改造できないかと考えている人もいるのです。

こうした場合、リフォームがお勧めです。

最近ではこうしたレトロブームにのっとって、古い雰囲気を出すリフォームも提案されているのです。

壁を土壁のように塗り、そこに茶色くいぶしたような木材を柱のように貼り付けてデコレーションするのです。

すると、室内はまるで京都のような古民家のようになり、レトロモダンの様相を見せてくれるのです。